脳外科医 福島孝徳先生 まとめ

脳神経外科医 福島孝徳先生に関する情報をまとめています

イエヨビ研究会|受験生に知ってほしい人物紹介~福島孝徳編2~

      2017/09/06

■福島孝徳名言集

「本当にこれだけの技術と腕前を授かって本当に神様に感謝していますから、私の持てる力、私の技術、私の経験を全部使って、一人でも多くの患者さんを助けてあげたい」

・明治神宮の神官であった父を持つ福島先生らしい、感謝の大きさと時間を気にせず地域の人のために働いた医師であった、叔父の意志を引き継いだ言葉ですね

 

「私の中で脳外科医が私の天職。今まで辛い時もありました。挫折っていうのはないですね。辛い時はあって、苦しい時はあったんだけど、“オレは頑張るぞ!”って。」

・どんなに辛くても、あきらめなければ挫折はない。強い意志を感じますね

 

「人生はね、1に努力、2に努力、3も努力、全部努力!為せば成る!もう100%!200%!!」

・ここまで努力をしている人に言われると説得力しかないですね。人や自分を助ける力を外に求めるのではなく、才能の有無で嘆くのでもなく、すべて自分の努力次第だという、受験生にとって力強い言葉ですね

 

「充実して 最善を尽くして 出来るだけのことをやって「上手くやり遂げたい」というそれしか頭にないから 疲れてる暇ないんですね」

・アメリカで手術をして、終わったら日本へ移動してまた手術、という日々を過ごしている福島先生に対して「365日働いていて疲れませんか?」という質問をした時の答えです

 

「人の2倍働く、3倍努力する、これが昔からの私のモットーなんです」

・「みんなも焦ってないからいいや」「あの子に比べたら頑張ってる方」ではなく、いつでも「自分と出会う未来の友人」のために絶えず努力しているんですね

続きはこちら

 - 記事